MENU

幼児向けのプリントを無料でダウンロードできるサイト一覧

「小学校入学前に必要なことを学ばせておきたい」、「学習習慣を身につけさせたい」などお子さんのために幼児教育を考える親御さんも多いと思います。今は月額を払わず、無料で幼児向けのプリントをダウンロードできるサイトや無料でお試しができる通信教材がたくさんあり、どなたでも簡単に自宅で幼児教育を始めることができます。今回はそんな幼児教育におすすめの無料プリントサイト、無料お試しができる通信教材を紹介していきます。

幼児向け無料プリント

ちびむすドリル

ちびむすドリルは、月間200万人以上、1日に5万〜8万人の方が訪れる大人気の知育学習サイトです。教材プリントは総数2万枚以上で全て手作りで作られています。特徴として、年齢や成長に合わせてプリントが用意されているので、お子さんのペースに合わせて少しずつレベルアップできるようになっています。プリントの内容は、ひらがなや数字学習、言葉の発達を促してくれるような内容になっており、プリントの種類も豊富です。またプリントだけで学習するだけでなく、動画と合わせて学習できるようなコンテンツもあります。ちびむすドリルのオリジナルキャラクター「ちびむす君」と一緒に楽しく学べるのも魅力的です。

ぷりんときっず

ぷりんときっずでは、4〜5歳の2年間を想定して、小学校入学前に学習しておきたいプリントを配布されています。内容としては、なぞり書き練習やひらがな、カタカナの塗り絵、
数字カードを用いた数字の練習、更にあいうえお表や国旗カードなどもダウンロードできます。お子さんが勉強を好きになれるか、いかに楽しく学習できるかを最優先事項とされています。「はじめて名前が書けた」などの記念に、こども表彰状も印刷できるようなサービスもあり、とても魅力的です。

キッズステップ

キッズステップは、2〜6歳別でコースになっており、お子さんの成長に合わせて、小学校入学前までに身につけておきたいことを学習できます。2歳から初めての鉛筆を学び、3歳で迷路、4歳で数字や積み木数え、5歳でひらがなや点つなぎ、6歳で足し算やカタカナなど一つ一つをクリアしステップアップしていくことで、お子さんの自信や達成感に繋げることができます。キッズステップのプリントは「子どもが5分程度でできる」をコンセプトに作られているため、短時間で簡単に続けられるのも魅力的です。

のびラボ!

のびラボ!は、早期教育や小学校受験対策にも使える幼児学習プリントサイトになっており小学校受験を考えている、受験対策をしたい親御さんにはおすすめです。また、ジャンルごとでダウンロードできるプリントが分けられているので、学びたい分野を探しやすいのもメリットになっています。万が一、プリントに飽きてしまったというお子さんでも、のびラボ!ではYouTubeで絵本の読み聞かせなど幼児教育に役立つ動画を配信されているので、そちらでも学ぶことができます。

学習プリント.com

学習プリント.comでは、「ことばの学習」と「すうじの学習」で分野を分けられており、ことばの学習ではひらがなやカタカナ、アルファベット、ローマ字を学ぶことができ、すうじの学習では数字の覚え方や数え方などを学べるようになっています。プリントは2種類の書体を選べるようになっていたり、イラストも有り無しを選んで印刷できるので、自分だけのオリジナル教材を作れます。

Honda kids子育てプラス

Hondaが子どもの成長と子育てを応援するために作られたサイトで、文字や数字、迷路などから知恵を学ぶことができます。プリントの中にはかわいいイラストが多く、お子さんが興味を持つようなプリントになっています。初めて学習をするお子さんや、かわいいイラストが好きなお子さんにはぴったりです。

創る化プロジェクト

創る化プロジェクトでは、3〜10歳までを対象とし、親子の遊びや学びを応援するために150を超えるコンテンツを提供されています。幼児教育では、年少、年中、年長とで分けられており、年少では迷路や塗り絵、年中ではパズルや図、年長では文を作ったり、足し算など年齢に合ったプリントで学ぶことができます。

キッズ@nifty

おもに小学生以上のお子さんを対象としたサービスになっていますが、迷路や塗り絵、点つなぎなど小さなお子さんでもできるコンテンツもあり、脳の発達を促したり、作る楽しみなどを学ぶことができます。

ECCジュニア

ECCジュニアとは、2歳からの子ども向け英会話スクールで、自宅での学習を支援するために無料でコンテンツを公開されています。算数、国語だけでなく、英語もプリントで学習できるので、小さい頃から英語を学ばせたいという親御さんにはぴったりです。

無料でおためしができる通信教育の教材

幼児ポピー

幼児ポピーは、脳の専門家監修と指導のもと、お子さんにあった脳力を総合的に伸ばす教材を作られています。年齢ごとでコースが分けられており、お子さんの年齢に合わせて教材を頼むことができます。年少〜年中までは年間のカリキュラムが組まれており、好奇心や思考力、小学生生活に必要な能力を身につけることをサポートしてくれます。届く内容はシンプルで学びやすい紙の教材と絵本や工作、カードなどが届きます。2〜4歳までは月額980円、4〜6歳までは1,100円と他社と比べても安く、続けやすいことも魅力的です。

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじは、乳児から小学校入学するまでのお子さんを対象に、イメージキャラクターの「しまじろう」を題材とした教材が毎月届きます。言葉や色の認識を深める教材や生活習慣を身につけられるような教材など、お子さんの学びをサポートしてくれます。教材は絵本や図鑑、おもちゃ、DVDなど幅広いのも特徴です。

Z会

Z会では、幼児期を対象とした「Z会幼児コース」があり、年少、年中、年長とコース分けをされています。現在、資料請求をするとおためしで教材がもらえます。教材には、五感を使った多彩な実体験をバランスよく厳選した体験教材「ぺあぜっと」や無理なく進められる分量と飽きのこない問題構成でやる気を引き出すワーク「かんがえるちからワーク」などが届きます。

がんばる舎すてっぷ

がんばる舎の幼児教材すてっぷは、1〜6までのコースで分かれており、お子さんに合わせたコースからスタートすることができるので、いつ入会しても成長に合わせた学習プランで無理なくスタートすることができます。また言葉、数や量、図形、記憶、知識、作業の6つの分野を反復して学んでいきます。そうすることで、それぞれの力をバランスよく身につけることができます。月額950円と他社と比べても安く、現在は入会すると初月無料とやっているので、お得にはじめることができるのでおすすめです。

ワンダーボックス

ワンダーボックスは、アプリとキットの組み合わせで、常に新鮮なわくわくや驚きが続くように設計されています。毎月届く教材に加えて、アプリでも毎月新しい変化が起きるので、好奇心を刺激します。お子さんが長時間アプリを使用するのが心配という親御さんには、アプリの使用時間を設定することができるので、使いすぎたりする心配もありません。申し込む前に試して見たいという方は無料で体験版アプリもできるので、スマホで気軽に試せます。

まとめ

幼児教育の基本として、お子さんがいかに勉強を好きになれるか、楽しく学習できるかが大切なことになってきます。どの幼児無料プリント、通信教材も楽しく学べるような工夫がされており、お子さんの好奇心や意欲を引き出します。幼児向け無料プリントは、自宅のプリンターなどで印刷でき、学びたい分野を1日10〜15分で学ぶことができるので「幼児教育を始めたいが、何から始めていいか分からない」、「月額を払い続けるのは不安」という方におすすめです。通信教材は、バラエティ豊富なキットや、遊びながら学べるおもちゃが届くので「遊びの中で楽しく生活習慣や学習を身につけたい」という方におすすめだと思います。通信教材は無料でお試しもできるので、興味のある方は試してみて下さい。

よかったらシェアしてね!