MENU

磁石のおもちゃ・ピタゴラスはいつから?おすすめを紹介!

カラフルな平面のプレート同士を組み合わせて図形や立体形を作ることができるマグネット式のおもちゃです。プレートには三角形や四角形、二等辺三角形などさまざまな形があります。どんな方向でも磁石でくっつくため、自由自在に立体形を作ることができます。

ピタゴラスの口コミ評判

ピタゴラスの良い口コミ評判

⚪︎3歳の娘に購入しました。自宅にあるお人形のお家や乗り物を作ったりして、ごっこ遊びの幅が広がったようです。
⚪︎色が綺麗なのでケーキやお花に見立てての遊びにも使えます。
⚪︎最初は平面だけで遊んでいましたが、だんだん大きな立体形を作るようになりました。
子どもも大人も楽しめます!

ピタゴラスの悪い口コミ評判

⚪︎磁力が弱く崩れやすいです。
⚪︎価格が高いです。
⚪︎小学生向けのシリーズはパーツが少なく足りません。

ピタゴラスの特徴

小さい子でも遊びやすい絶妙な磁力

ピタゴラスは少し磁力を弱く設計されているため、複雑な立体作品を作ると崩れやすいというデメリットもありますが、その分小さなお子さんでも安全に安心して遊べるような設計になっています。対象年齢が1歳〜小学生までと幅広く、手先の未発達な小さなお子さんでも強い磁力で手を挟んだりする危険性はありません。磁石同士も反発し合わないようになっているので軽い力で簡単に扱うことができ、遊びやすいおもちゃになっています。

組み立て・組み換えがかんたん

ピタゴラスは力の弱いお子さんでも簡単に組み立てて遊ぶことができます。特にパーツが平面のプレートになっているため、箱のような形を作ったり、道路やトンネルを作って車を走らせてみたりと、他の色々なおもちゃとも相性が良いのが特徴です。カラーもさまざまで、発想次第では無限大に遊ぶことができます。

大きくなってもからも長く使える

ピタゴラスの対象年齢は1歳〜小学生までと幅広く、子どもの成長によって遊び方が広がり、長く遊べるおもちゃになっています。遊び方としては平面遊びから、慣れてくると平面から立体形を作ることができるようになります。更にピタゴラスの最大のメリットとしては展開図を遊びながら学ぶことができるということです。展開図がどんな立体になるか想像しながら組み立てることで、平面から立体形への想像力を身につけます。小さい頃から図形について学んでおくと、算数の勉強にも役立ちます。

ピタゴラスは知育に効果がある?

手先が器用になる、空間把握能力が鍛えられる、図形の基礎を小さい頃から学ぶことができ展開図に強くなる、想像力や創造力を育てるなどがピタゴラスで遊ぶことによって期待できる効果です。

年齢別!ピタゴラスのおもちゃの種類とおすすめ

1歳から遊べるBASIC

ピタゴラスは1歳のお子さんの小さな手でも持ちやすく、安全に遊べるよう安心設計をされています。立体キューブの角は全て丸く作られており怪我をしにくく、万が一舐めてしまっても安心な素材でできています。また大きめに作られているので誤飲の心配はありません。平面プレートは壊れにくいようハトメつきで、薄くて持ちやすい形状になっています。

ピタゴラスBASIC1歳の知育ピタゴラス

1歳からが対象年齢で、平面プレートと立体キューブが全20パーツ入ったセットになっています。1歳頃は細かい手の動きが発達していきます。ピタゴラスの磁石のくっつく面白さや剥がす、貼る、打ち合わせて音を鳴らすなどの感触を楽しみながら繰り返して遊んでいくことで、「ひらめく力」を育んでいきます。

1歳半から遊べるBASIC

1歳半頃からは更に手指の発達が進み、積んだり、並べたり、動かしたりする動作ができるようになります。また同じ形の認識ができるようになります。ピタゴラスは対象年齢が1歳からと1歳半から遊べる種類があり、種類も豊富です。今回は下記の3つを紹介していきます。

ピタゴラスBASICひらめきのプレート

1歳半〜小学生まで遊ぶことができる、人気のセットです。11種類の64パーツにあそび方ガイドがついています。パーツの種類が豊富で、四角形や三角形などの基本の形に加えて、初めて遊ぶ時にも扱いやすい「車」や「耳」、「トンネル」など、ひらめきプレートだけの特別パーツが入っています。パーツ数が多いため、成長によって違った遊び方を楽しむことができます。最初は平面遊びをしながら慣れてきたらあそび方ガイドを見ながら、複雑な立体作品も自分で作れるようになります。自分で工夫しながら作ることによって「ひらめき」がぐんぐん育っていく商品です。

ピタゴラスBASIC知育いっぱい!ボールコースター

初めてのピタゴラスにぴったりで磁石で簡単に、楽しくボールコースターが作れるセットです。7種類の14パーツに知育あそびガイドがついています。「知育玩具」と「玉転がし」の両方の特徴もっており。2つのパーツを組み合わせるだけで、簡単にコースターが完成し、プレートと組み合わせると立体的なコースターを作ることができます。パーツが透明なので、実際のボールの動きを見ることができます。パーツとボールは大きく、小さいお子さんでも扱いやすい作りになっており、万が一口に入れても誤飲する心配はありません。また簡単に立体形を作れるようにガイドパーツと呼ばれるパーツがあり、プレートを2枚つけるだけで、あっという間に正方形の箱を作れます。

ピタゴラスBASIC知育いっぱい!どうぶつえん

「動物が好き!」「ごっこ遊びが好き!」なお子さんにぴったりの商品です。12種類の25パーツに知育あそびガイドがついています。動物が5匹セットになっており、磁石で壁やプレートにくっつけたり、動かしたりして楽しむことができます。動物とパーツを組み合わせるとオリジナルで動物園なども作ることができます。付属されているガイドを見ながら全50通りの知育遊びを楽しめます。

3歳から遊べるWORLD

3歳頃はイメージを持って作品を作ることができるようになります。特にこの時期は想像力がぐんぐん育つ大事な時期です。ピタゴラスで「想像力」「創造力」を育むことができます。3歳からのシリーズもさまざまな種類があります、今回は下記の3種類を紹介していきます。

ピタゴラスWORLDアスレチックパーク

磁石の力で自由自在なアスレチックを作り、動かすことができます。セット内容は全32パーツで三角形や四角形に加えて長方形や、手足に磁石が内蔵されている小さな人形「ピタアバター」が2体入っています。ピタアバターは磁石によってパーツの側面にくっつくので、逆立ちや片足立ちなどのポーズで遊ぶことができます。さらに、おままごととしても活躍する人形です。その他にもぐるぐる回る「回転パーツ」や4つ合わせると円になる「1/4円パーツ」などさまざまな形が加わっているので、遊び方や想像力も広がります。セットに入っているワールドガイドには作り方のヒントが載っているので、ヒントを見ながらすべり台やシーソーなどの色々なアスレチックを作ることができます。

ピタゴラスWORLDへんしんロードガレージ

ロード専用のパーツが入っており、ミニカーと遊ぶのにぴったりなセットです。ガレージと道路の世界観を取り入れたおもちゃになっています。セット内容は7種類の33パーツにワールドブックがついています。ライン入りの「ロードパーツ」やガードレールにぴったりな「柵パーツ」、パーキングバーやアンテナが作れる「T字バーパーツ」など種類も豊富です。ワールドブックを見ながらさまざまな作品を作ることができるので、創作意欲を育みます。

ピタゴラスWORLDとけいハウス

時間や色彩を考えながら、かわいいお家やお城を作ることができるセットです。セット内容は9種類の37パーツで、あそび・まなびブックがついています。ピタゴラスとしての図形の学びや空間把握能力、想像力を育みながら、時計パーツがついているので時間についても学ぶことができます。作ったお家やお城にお人形を組み合わせてごっこ遊びとしても楽しめます。

ピタゴラスはこんな人におすすめ

ピタゴラスは1歳から小学生まで長く遊ぶことができるおもちゃです。小さい頃から子どもの想像力や空間把握能力などを育てたいという方におすすめです。成長に合わせてステップアップしていくおもちゃになっているので、飽きずに子どもの成長を伸ばしていけると思います。

よかったらシェアしてね!