西重堰の開削並びに開墾
  頻年人口の増加に伴い食糧問題の起るに値い、本町第一の地主たる佐藤重吉(幼名重蔵)は字大谷部落方面に広漠たる畑地を所有し居れども、その収穫に至りては僅かに大小豆雑穀1反歩当り3斗乃至6斗に過ぎず、然るに同水路を開鑿して水田を拓きたらんには少なくとも1反歩1石5斗及至2石の末を得るは疑うべからず。去れば自ら町の生産力を増加し、一面食糧問題即ち社会政策の趣旨にも適合し、当に自己の利益のみならず延びて国家的利益増進の道なるべしと断然意を決し、大正8年9月かんがい用水路新設を其の筋に請願し、同9年7月22日許可を得たり。しかも設計不完全のため一時中止し更に大正11年4月本県耕地整理課に依頼し技術員(測量及び設計者 県技手 小泉忠)の派遣を得、実地測量を為し同年5月耕地整理組合を設立し、同年10月19日認可。の組合員六名大谷耕地整理組合と称し事務所を自宅に置き工事に着手し、同13年3月21日竣功し、整理事業は同15年9月30日に至り終了せり。
  本水路は、大谷川(字平林184番地先)に取入れ口を設け道2ヶ所第一号65間、第二号32間延長692間工費総額21,516円余りを要し、そして其の工費は開墾費を除く外全部佐藤重吉一人にて負担せりと云う。之れにより開墾せし田地6町1反歩余りにして実に本町に於ける近古未曾有の開墾事業たり。
  本工事に関し町長佐藤有秀は工事請願並びに補助金下付等に付き間接援助を與へ、番頭橋本吉助は主人の命を受け、終始現場に出張指揮監督精励事に当たり円満工事の竣成を告げたるは同人の措置其の宜しきを得たるに因る。又評議員佐藤雄次郎は吉助と能く力を戮せ、拮据勤勉工事の進行に力めたり、共に本工事の功労者として顕彰するに足る。
  茲に於て小作人等相謀り、費を醵出して大正15年5月其の功を不朽に伝えんと欲し開拓謝恵紀念碑を字大谷(県道大谷沢向かいの高地)に建設したり開墾面積並びに工費及び関係者を左に掲記すべし。

  一.開墾地実測総面積 6町1反1畝歩
      
       
      (台帳面積)
    一.4町2反6畝16歩                   
    一.2反22                          雄次郎
   
一.3反7畝13歩                       
    一.1反5畝27歩                      孫太郎
    一.1反26歩                          市三郎
    一.1畝5歩                             

  一. 開墾工費総額 3,78167

        
                         
             副組合長             
                         雄次郎
                               
               同               孫太郎
             書                安太郎
             工事請負人            治(本郡駒形村の人)

                               以上(稲川町史 資料編第九集より)
竣工式の記念写真
全員紋付袴の正装です。
竣工式で万歳三唱
写っている橋は大谷橋
   記念碑の前での祝賀会の様子
   右端にはおまわりさんの姿も見えます。
  農家の方たちも祝宴のご相伴に預かります。
  大正16年の春の農作業の様子
  作業をしている場所は菅生の佐藤市蔵さん
  の田んぼでしょうか。
     西重堰の隧道に内部の様子。
     延長にして175mほどです。