2008 「どろんこ学校7 in東福寺ため池」
 9月13日に湯沢市駒形町東福寺地内にある「東福寺ため池」において、「どろんこ学校7 in東福寺ため池」が開校されました。この東福寺ため池は3年に一度土砂吐き行い、ため池に住む魚の生態を調査したり、ため池を囲む大滝沢国有林を学習したり、土地改良施設や自然の大切さを学んで貰うことを目的として開校しており、今回で3回目を迎えました。天候にも恵まれ、親子連れ、地域の方々、秋田市から来られた方、わざわざ東京から来られた大学院生の方などたくさん参加してくださいました。
開校のことば
(日野事務局長)
開校のあいさつをするどろんこ学校 遠藤校長
(水土里ネット稲川 理事長)
子供達に水土里ネット施設の役割・歴史
や地域活動を紹介する施設管理 阿部課長
底樋ゲート放流!!
みるみるうちにため池は空っぽに・・・

水源の森百選「大滝沢国有林」について説明して頂いた湯沢市職員の山田さん。
この大滝沢国有林は450種類以上の植物が存在し、標高の低い場所に天然のブナ林をもち、全国的にも極めて珍しいと言われております。また、保水力の強いブナのおかげで農業用水や水道水が守られているという説明に子供達は驚いていました。
そして、森に生息する国蝶(オオムラサキ)やミルンヤンマなどの稀少な昆虫の話を熱心に聞き入っておりました。
そして、ため池の水もすっかり抜け、次は子供達が一番楽しみにしていた魚の生息調査?(つかみ取り)です。
我先にと底樋出口付近に駆け寄り、最初は水温が低かったせいか子供達も恐る恐る水に入っておりましたが、数分後には濡れてもお構いなしに夢中になって魚を追いかけておりました。さあ、どろんこ後半戦の始まりです!
とったど〜 1号 とったど〜 2号
なんとこの2人掛りで捕まえたコイはこの日一番の体長70cm!!
コイの他にもイワナやヤマメがたくさん 女の子も男の子に混じって魚とり
予定していた時間をいっぱい使って子供達は大はしゃぎでした。
 表彰式の模様

右から1位(体長70cm)、3位(体長60cm,胴幅19cm)、2位(体長60cm,胴幅20cm)
最後に・・・
今回で3回目を迎えた「どろんこ学校 in東福寺ため池」も関係者や地域の皆さんのおかげで大成功に終えることができました。本当にご協力ありがとうございました。そして、自然の中でたくさんのマイナスイオンを浴び、何より子供達の元気な笑顔を見て、私たち大人も本当に癒されました。また3年後、この「東福寺ため池」で会いましょう。