どろんこ学校6 in駒形小学校開校
 10月9日湯沢市立駒形小学校で「どろんこ学校6 in駒形小学校」が開校されました。駒形小学校では5年生が春から田植えなどの農業体験を行っており、その中で子ども達が疑問に思ったことや興味を持ったことなどが水土里ネットに寄せられ、その内容は専門的なことが多いため、水土里ネットだけでは対応できず、農政事務所や雄勝地域振興局、元JAの職員の方に講師を依頼して開校しました。
講師の方々
水土里ネットの役割を説明 農政事務所由利さんから「お米について学習してみよう」と題して詳しく説明
各グループに分かれ疑問に思ったことや興味を持ったことの聞き取り
石碑、ワラ細工、米の流通班
(水土里ネット)
病害虫や田んぼの生き物班
(振興局農林部改良普及班伊藤課長)
お米の料理班
(元JA職員斎藤さん)
お米の種類班
(農政事務所佐藤さん)
午後からは農業施設見学
JAこまちのカントリーエレベーターを視察しました。収穫期の大変お忙しいところ説明していただきありがとうございました。
貯蔵サイロの天辺まで登らせていただきました。 カントリーエレベーター前で記念写真
稲庭頭首工を視察。駒形地区はこの水系の最末端部
パイプライン入口の前に取り付けられた除塵機。水路にゴミを捨てないでね!
最後に稲川幹線用水路の親水施設。皆瀬川筋漁協から提供されたイワナ約200匹のつかみ取り体験。
みんな夢中で魚を追いかけ、一度に3匹もゲットした子もいてこの日一番のにぎわいでした。