どろんこ学校10in東福寺ため池開催
 平成23年9月17日湯沢市駒形町の東福寺ため池で「どろんこ学校10in東福寺ため池」が開催されました。
これは水土里ネット稲川が3年に1度行っている、ため池の土砂吐作業に合わせ平成14年から実施してい
るイベントで今回で4回目の開催となります。
 このどろんこ学校は土地改良区の役割や土地改良施設の働きなど地域の方々に知っていただくため開
催しているもので、土地改良区職員からの説明や市の職員の小講演など行った後、待望の魚のつかみ取
りが行われ、子供たちは頭からドロをかぶりながら魚を追いかけていました。 
 魚のつかみ取りの結果、鯉や岩魚、カジカ、アブラハヤなどが確認され、外来種は一匹も確認されません
でした。
               どろんこ学校校長の遠藤理事長の挨拶と参加者のみなさん
               
                   ため池の底樋を開放し、泥を排せつします。
                   加藤事務局長による「土地改良区のお話」
     湯沢市稲川総合支所長の山田さんの小講演「水源の森大滝沢国有林」に聞き入る方々
                
               さて、魚のつかみ取り会場のため池下流の川原に移動です。
                 魚のつかみ取りの開始です。魚はいないかな〜!
                
                             捕まえたよ!
              魚がため池から吐き出され、次々を子供たちが捕まえていきます。
                  一人で鯉を10匹以上捕まえた子もいました。
               大物賞の計測です。一番大きかったのは55cmでした。
             魚のつかみ取りを終えて、みんなで記念写真。どの子も泥だらけ!
                    今日だけはお母さん許してくれるでしょう。