事務所の所在が分かりやすくなりました!
 事務所を湯沢市役所稲川庁舎に移転して約1ヶ月。この間看板がなく、土地改良区がどこにあるのか分かりにくいという苦情が寄せられていました。また、前は教育委員会生涯学習課が入っていたところで、よく間違ってお客さんが訪ねてきます。
 そのため庁舎内の事務所前に田植えの際に使う型枠を利用した「あんどん」型看板を設置しました。
 この型枠は当水土里ネットが地域の各小学校で農業体験を実施しており、役員などに指導方を呼び掛けてお手伝いしてもらっていますが、その中の一人から寄贈されたものです。
 高さ2.7m、直径約60cm、中に蛍光灯2つ入れており、節電のため廊下の照明を切っていることから遠くからでも土地改良区の場所が分かるようになりました。
 お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
田植えの型枠を利用した「あんどん」型看板。少し暗い廊下ですが土地改良区の場所が分かります。