田植え作業はじまる
 湯沢市のトップをきって三梨町の瀬川等さん(水土里ネット稲川の副理事長)の田んぼで田植え作業が始まりました。3月28日に種まきをした苗は4月の中旬以降の天候不順により例年に比べると若干生育は落ちるものの、根張りは良いとのことで、4月29日から田植えを始めました。
 瀬川さんは委託栽培を含め約60ヘクタールの田んぼに作付するということで、田んぼの条件が良ければ1日3ヘクタールほど植え付けるそうです。
 これから約1ヶ月間作業に追われるということで、健康に留意し、事故のないように、そして秋には豊作になることを祈っております。
田植え機を操作する瀬川さん
8条植えの機械でみるみる植えていきます。 息子さん他従業員5人での作業でした。