駒形小学校5年生代掻き作業見学
 湯沢市立駒形小学校の5年生が今年最初となる代掻き作業の見学をしました。駒形小学校では毎年5年生が稲作に挑戦しており、この日は自分たちが植える田んぼの代掻き作業を見学しました。
 はじめに田んぼの先生茂木 達さん(元JA職員)から代掻きについて話を聞いた後、学校田の機械作業を担当している高倉賢悦さん(元水土里ネット理事)の代掻き作業を見学しました。大型機械による作業のため、あっという間に約300uの田んぼの代掻き作業が終了しました。
 このあと子供たちから代掻き作業などについての質問があり、茂木さん、高倉さん、水土里ネット職員から説明を受けていました。
 代掻き作業をしていただいた田んぼには、5月25日に地域の方々の指導を受けながら田植えが行われることになっています。
勢ぞろいした5年生のみなさん 田んぼの先生 茂木 達さん
機械担当の高倉賢悦さん 大型トラクターにより代掻き作業の開始
子供達は真剣に代掻き作業を見学していました。この真剣さが学力日本一につながるのかな?
代掻き作業は15分ほどで終了しました。
 代掻き作業見学の後、子供たちから代掻きについてや田んぼについての質問がありました。
 今日の見学はこれで終わり、ありがとうございました。
 25日の田植えが楽しみですね! 田植えのときはおうちに方にもご協力お願いします。