お米作りの勉強会補習編
 湯沢市立稲庭小学校5年生は今年稲作に挑戦しており、5月27日に田植えをし、6月10日にお米作りの勉強会を開催しています。こども達は田植えやお米作りの勉強会を通じ、興味を持ったことなどそれぞれテーマを持って取り組んでいるそうです。
 この日は稲庭の農業用水や稲の病気、害虫などに興味を持った子供2人が水土里ネットにやってきました。
2人の子供と先生が水土里ネットにやってきました。
説明するJAこまち根元センター長と水土里ネット稲川阿部課長
こども達は稲庭の農業用水がどのようにして川から水が引かれているか、どんな苦労などがあったかなどに興味を持ち、また稲庭にはどのくらいの稲作農家がいるか、農業が盛んなのか疑問にもったそうです。
稲の病気や害虫にも興味を持ち、JA根元センター長から詳しく説明を受けていました。
偶然にも2人の父親はNOSAI職員、稲の病気や害虫に興味をもつとはさすが父親譲りか!
よくわかったと元気良く学校に帰っていきました。またわからないことがあったらいつでもおいで!